いきいきブログについて
「いきいきブログ」は、味の素ダイレクト(株)に携わるスタッフが、リレー形式で日常を綴るブログです。
日々の出来事を、写真と共にのんびりとお届けする「いきいきブログ」をぜひ、お楽しみください!

掲載年月で検索

RSS
担当者のプロフィール
アラヤ

味の素(株)通信販売の販売管理を担当。
4世代8人の大家族で賑やかな毎日を送っている。甘いもの好きで、甘味処を見つけるとつい立寄ってしまう。

味の素(株)健康ケアオンラインショップ
お客様の声、お寄せください。

※受付時間
平日9:00~21:00
※年末年始等一部除く

お問い合わせフォーム
味の素株式会社
担当者の日常

日本で一番高い建造物として有名なのは、皆さまもご存知「スカイツリー」ですよね。しかし、世界一の長さでギネスにも認定されている橋が、日本にあることをご存知ですか?今回のブログは、その橋を見学してきたタケモリが担当します。高所恐怖症の方も必見です!
********************************************************************************

こんにちは。タケモリです。
先日、「明石海峡大橋」へ行きました。ご存じの通り神戸市と淡路島の間、約4kmを結ぶ大吊橋です。主塔と主塔との距離が1,991mで世界一の長さを誇ります。自動車専用道路ですので、マイカーやバスなどで通ったことがある方も多いかと思います。

この「明石海峡大橋」ですが、徒歩で"ある場所"に行けることはご存じですか?
明石海峡大橋を上空からみた画
神戸側の"主塔のてっぺん"海抜300メートの高さに行くことができるのです。

もちろん、誰でも、いつでも、というわけではございません。本州四国連絡高速道路株式会社さんが主催している見学ツアー「ブリッジワールド」に参加すれば、神戸市側から橋の下層を1kmほど歩き、主塔のてっぺんに登ることができます。先日、私もこのツアーに参加してまいりました。

事前に申し込みをした後、当日集合場所に集まり、レクチャーを受けます。ガイドの方は全員、明石海峡大橋の建設に関わった方。ご自身の経験を基にお話しをされるのでその説明に聞き入ってしまいました。

その後、資料館でも、さらに20分ほど明石海峡大橋の紹介をしてもらいます。

そして、いざ、出発です!ガイドさんを先頭に橋の下層を歩いていきます。
ガイドさんを先頭に橋の下層を歩いている様子
すでにこの時点で海面からの高さは約50メール。足場は金網ですので、海面が透けて見えます。かなりスリリングな約1kmの"散歩"となります。

主塔に着くとエレベーターで一気に昇ります。

主塔のてっぺんに到着しました。海面からは、約289mの高さです。ここからの風景は絶景の一言!

▼下をのぞき込むと・・・
主塔のてっぺんから海面をのぞき込んでみた景色

▼神戸市側は・・・
主塔のてっぺんから見た神戸市側の景色

▼淡路島側は・・・
主塔のてっぺんから見た淡路島側の景色
当日はあいにくの天気でしたが、非常に迫力ある眺めでした。

この「ブリッジワールド」への参加条件は、「中学生以上(大人同伴)」で、「補助具なしで2kmの歩行と階段の昇降ができる」そして、「高所恐怖症でない」こと。
体力、高さに自信のある方、海抜300メールの世界に行ってみてはいかがでしょうか。

◆明石海峡大橋ブリッジワールド
https://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html