いきいきブログについて
「いきいきブログ」は、味の素ダイレクト(株)に携わるスタッフが、リレー形式で日常を綴るブログです。
日々の出来事を、写真と共にのんびりとお届けする「いきいきブログ」をぜひ、お楽しみください!

掲載年月で検索

RSS
担当者のプロフィール
アラヤ

味の素(株)通信販売の販売管理を担当。
4世代8人の大家族で賑やかな毎日を送っている。甘いもの好きで、甘味処を見つけるとつい立寄ってしまう。

味の素(株)健康ケアオンラインショップ
お客様の声、お寄せください。

※受付時間
平日9:00~21:00
※年末年始等一部除く

お問い合わせフォーム
味の素株式会社
担当者の日常

日本には、19件の文化遺産と4件の自然遺産で、合計23件が世界遺産として登録されているそうです。(※2019年7月現在)日本国内だけでも、意外とたくさんありますよね。さて、今回のブログはモリが担当します。2019年7月6日に世界文化遺産として登録されたての「百舌鳥・古市古墳群」のエリアにある、美味しいお店の情報です。今後、最新の世界文化遺産に行ってみたいと思われている方、必見です!
********************************************************************************

こんにちは、モリです。

先日、百舌鳥・古市古墳群が、世界文化遺産として登録されましたね!個人的にも、高校3年生まで過ごしていた地域でもあったので感慨深いです。

そこで、今回は、百舌鳥・古市古墳群を訪れた際には、早起きして並んででも是非、食べていただきたいお薦めのグルメを紹介します。
(電話予約は受け付けていないお店もありますのでご注意を!)

「とんかつマンジェ」
http://www.manger.co.jp/

JR八尾駅と近鉄八尾駅、それぞれから徒歩15分ほどのところにある、とんかつ屋です。朝の8時半ころに、その日の予約(昼の部と夜の部)をお店にて受付する仕組みです。1時間ほど前に店について並び、昼の部の予約をした後、数時間、時間を潰して再来店。「黒豚&特上ヘレかつ定食」を注文。ちょうどいい具合に火が通ったピンク色断面の分厚いとんかつです!まずは、そのまま何も付けずに左から3切れ目(脂身と赤身のバランスがベスト比率)をパクリ。口の中で肉汁があふれてきて絶品、ご飯がススみます。その後、トリュフ塩やオリジナルソースで頂き、完食。

分厚いトンカツ7切れ

「手造りうどん 楽々」
https://twitter.com/rakuraku_udon

京阪交野線「郡津」駅より徒歩15分、府道18号線沿いの佇むお昼の時間のみ営業しているお店です。開店1時間前に到着して列に並び、一巡目で入店。「黒毛和牛肉釜玉」と別添で「ちく玉天」をオーダー。なんとこちらのうどんは、注文があってから切り出し、圧力鍋で一気に茹であげます。圧力鍋で茹でるお店は、初めてでした。とてもモチモチしていてコシがしっかりしており、絶品!半分ほど食べたら、「だし割り」と店員さんに伝え、かつお風味が香る温かいだしをかけて味変が楽しめます。

お肉と黄身がのったうどん

「和 dining 清乃」
http://www.konomise.com/chuki/seino/

本店は和歌山県の箕島駅から、徒歩20分ほどのところにあります。仁徳天皇陵の近くのJR百舌鳥駅から1時間半ほどで着きますので、少し足をのばして頑張ってでも行っていただきたいラーメン店です!私は、開店30分ほど前に着きましたが、すでに30人ほどの行列。1時間ほど待って、2巡目で入店。本店数量限定の「角長しょうゆ匠四重奏スペシャル」をオーダー。地元、和歌山の湯浅町で醸造された醤油を使っていて、なんとイノブタのチャーシュー入りのラーメンです(写真、右側の大きなチャーシューがイノブタのチャーシューです)。イノブタのチャーシューは初めて食べましたが、温かいラーメンスープの熱で時間と共に脂の溶け具合が異なり、味わいが変わるのが不思議でとても美味しかったです。虜になりました。

大きいチャーシューがのったラーメン

<おまけ>このしょうゆラーメンがすごく美味しかったので、電車で3駅ほど行った湯浅駅に寄り道。なんと!湯浅町は、日本醤油の発祥の地です。角長醤油は、170年間、手作りにこだわっています。その中でも2~3年熟成させ、圧搾も加熱もせずに純粋な上澄みのみを取り出した生醤油である「濁り醤」をゲット。

▼写真の右側が、ラーメンに使用されていた濁り醤3年熟成「匠」。左側が、2年熟成の「濁り醤」。この醤油は、漫画「美味しんぼ」103巻でも紹介されたそうです。

醤油2本!

3店とも人気店ですが、気合を入れて早起きしないと行けない場所なので、意外と穴場でもあります。きっと満足して頂けると思いますので、大阪南部に訪れる機会があれば、是非試して頂ければと思います!!