いきいきブログについて
「いきいきブログ」は、味の素(株)通信販売に携わるスタッフが、リレー形式で日常を綴るブログです。
日々の出来事を、写真と共にのんびりとお届けする「いきいきブログ」をぜひ、お楽しみください!

掲載年月で検索

RSS
担当者プロフィール
アラヤ

味の素(株)通信販売の販売管理を担当。
4世代8人の大家族で賑やかな毎日を送っている。甘いもの好きで、甘味処を見つけるとつい立寄ってしまう。

味の素(株)健康ケアオンラインショップ
お客様の声、お寄せください。

※受付時間
平日9:00~21:00(年中無休)

お問い合わせフォーム
アミノ酸研究を、皆さまの健康のために。

私たちはアミノ酸で、「皆さまの健康づくりに貢献したい」という創業の志を受け継ぎ、これからも、信頼できる商品・サービスを通して皆さまの健康に貢献して参ります。私たちのアミノ酸研究にかける思いを、ぜひご一読ください。

創業から受け継ぐ健康への想い
味の素株式会社
担当者の日常

突然ですが、コレクションしているものはありますか?私が子供の頃は、可愛らしい柄の千代紙やキャンディのような"おはじき"をたくさん集めていました。その中にもお気に入りがあって、とても大切にしていた記憶があります。さて、今回のブログは初登場のニシヤマが担当いたします。ニシヤマ親子のコレクション、とっても素敵ですよ。


はじめまして。「ジーノ」の商品開発を担当しているニシヤマです。先週末、神奈川県の南東部に位置する三浦半島に家族で行ってきました。三浦半島は首都圏よりちょっと暖かく、観光や、海の幸・山の幸を楽しめるお勧めのスポットです。加えて私達がここへ来た目的はもう1つ、「貝拾い」です。
みなさまも子供の頃に砂浜で貝を拾ったことはあると思いますが、私達親子が集めているのはこちら、「タカラガイ」です。息子(6歳)が熱中していて、家でもずっと眺めています。なぜか貝で戦隊ごっこまで始めます...。
タカラガイ大きさ、形、模様も様々で愛好家も多く、美しいものはアクセサリーにもなります。三浦半島には、このタカラガイが打ちあがりやすい場所がいくつもあるのです。それでもピカピカの貝はとても珍しく、子供は見つけると大興奮してとんでもない叫び声をあげます。


期待に胸を膨らませながら、まずは森戸神社へ。とても明るく清らかな雰囲気の神社で、必ず立ち寄って、楽しく安全な旅を祈ります。天気が良ければ、穏やかな海に浮かぶ小さな岩々の向こうに、大きな富士山を望むことができます。
森戸神社

その後、貝探しをしながら車で半島を南へ。砂浜ではなく、こんな感じの貝の多い磯浜を歩き続けます。
磯浜子供は、写真を撮られたことに気づかないほど熱中していますね。素敵な景色を一瞬眺め、あとはずーっと足元だけに集中。砂に足を取られながらの散歩(?)はなかなかハードなはずですが、貝を探していると、あっという間に数キロ歩くことができます。とはいえ、ザルを片手に中腰で下を見て黙々と歩き、突然「あったー!!」「おおぉぉ!」と言って拾う姿はちょっとコワいですね。

海岸線を南下して到着する三浦半島の最南端は、おすすめの観光スポット、城ヶ島です。見渡す限り、海、海、海!の景色は圧巻。観光客と釣り人でいつも賑わっており、干潮なら灯台まで歩いて行けます。ここでは荒い波をバックに記念写真を撮るのが定番。
城ヶ島東映...を思い出します。寒い冬で、風が強く海が荒れている日が貝拾いのチャンスでして、砕ける波、ビュービュー吹き付ける冷たい風に、「これは行けそう!」とワクワクしてしまいました。

旅の締めくくりは、今年創立50周年の油壷マリンパーク。アシカとイルカのショー、興味深い三浦半島の自然の展示...、ぎゅっと魅力が詰まっていて、楽しい施設です。
そして忘れちゃいけないお土産は、何と言ってもマグロ!普段はあまりマグロを買わない私も、「今買わないで、いつ買うの?」というお値段に、お財布の紐がゆるみました。

最後に、今回の旅の収穫です。大小様々な、そしてピカピカの貝が拾えました。このツヤは三浦半島ならでは!
10円玉と比べていただくと大きさ判りますが、左上にあるピカピカ特大の「ホシキヌタ」が、今回最大の収穫です。
旅の収穫右下はシーグラス(波で摩耗したガラス)で、海岸での拾い物の中でも女性に人気があるようです。今回は緑色を集めてみました。紙粘土を使って何か作れそうで、創作意欲が刺激されます。この他にも、三浦半島にはメノウや化石が打ちあがる地域があり、沢山の人が色々な物を集めているようです。

今回は念願の大きな貝も拾え、春の三浦半島を楽しめて、大満足の旅になりました。
ご興味のある方は、「どこで拾えるか」「どうやって海岸にたどり着くか」念入りに下調べをして、濡れてもよい靴でお出かけください。
帽子は吹き飛ばされてしまう可能性があるので、日焼け止めと化粧下地、ファンデーションの重ね付けがおススメです。
そして、たくさん日差しを浴びた後は、保湿ケアと美白ケアもお忘れなく!