いきいきブログについて
「いきいきブログ」は、味の素(株)通信販売に携わるスタッフが、リレー形式で日常を綴るブログです。
日々の出来事を、写真と共にのんびりとお届けする「いきいきブログ」をぜひ、お楽しみください!

掲載年月で検索

RSS
担当者プロフィール
アラヤ

味の素(株)通信販売の販売管理を担当。
4世代8人の大家族で賑やかな毎日を送っている。甘いもの好きで、甘味処を見つけるとつい立寄ってしまう。

味の素(株)健康ケアオンラインショップ
お客様の声、お寄せください。

※受付時間
平日9:00~21:00(年中無休)

お問い合わせフォーム
アミノ酸研究を、皆さまの健康のために。

私たちはアミノ酸で、「皆さまの健康づくりに貢献したい」という創業の志を受け継ぎ、これからも、信頼できる商品・サービスを通して皆さまの健康に貢献して参ります。私たちのアミノ酸研究にかける思いを、ぜひご一読ください。

創業から受け継ぐ健康への想い
味の素株式会社
健康対談

第2日目
動脈硬化

高橋顧問似顔絵

カネコ
まずは、動脈硬化からです(笑)

タカハシ
動脈硬化というのは動脈の壁が厚く、硬くなる状態ですが、
そのため、血管の内腔は狭くなって、
血流に対する抵抗が大きくなります。
抵抗が大きくなったにもかかわらず、同じ血流量を維持し
ようとすれば、圧力、つまり血圧を上げるしかありませんね。

カネコ
随分簡単に結論が出てしまいましたが・・・・(笑)

タカハシ
これまで何をクダクダと説明しているのか?
そう言いたいんですね(笑)
「血管系」に、ある程度イメージを持ってもらわないと・・・・。

カネコ
「血管系」あっての「動脈硬化」ですか。

タカハシ
動脈の壁は内膜、中膜、外膜の三つの層からできています。
内膜は毛細血管にもある内皮細胞から成る一層の膜で、
中膜は昨日の話に出てきた平滑筋、つまり筋肉の層、
外膜は結合織細胞から成る支持組織です。
で、動脈硬化というのは、中膜の筋肉が厚くなる中膜
肥厚と内膜の内側にコレステロールなどがくっついて
厚くなる内膜肥厚があります。

カネコ
「中膜肥厚」と「内膜肥厚」ですか!
この面倒な名前、先が思いやられますね(笑)

タカハシ
実際の病態では、単純にドチラカということではないの
ですが、ここは、「病気」というより、「身体のハタラキ」の
お話ですから、単純化して話しを進めますよ。

中膜肥厚による高血圧は、「本態性高血圧」と言って、
本当の原因は分からないことになっています。

カネコ
「本態性」って、立派な名前が付いていますが・・・・。

タカハシ
原因が判らなくとも、<ナッチャウンだから仕方ない>、
「本態性」はそんな意味ですよ。

それで、この中膜肥厚は比較的細い動脈に起きます。
また、最低血圧が上がってくるという特徴があります。
最低血圧、最高血圧は、後で少し説明します。

カネコ
では、内膜肥厚は?

タカハシ
普通はこっちが動脈硬化といわれるもので、
粥(じゅく)状硬化ともいわれます。
粥(じゅく)は"おかゆ"のことで、
ウェブで「かゆ状硬化」と検索すれば、
イヤッというほど説明が出来るので。是非読んで
下さい。

粥状硬化はどちらかといえば太い動脈に起こり、
最大血圧は上がってきますが、最小血圧は上がって
きません。

カネコ
いよいよ大変なことになってきました・・・・(笑)。

タカハシ
色んな言葉が出てきてスミマセン(笑)。
でも、憶えてもらうために言っているのではなく、
これからの説明に必要なので・・・・・。

カネコ
分かります、分かります。
先生の何時もの語り口ですから(笑)

タカハシ
では、気を取り直して(笑)

それぞれの部位に分布している「毛細血管床」に、
必要に応じて血液を送り届けること、
体にとってはこれが一番大切なことですね。
そのためには、むしろ軟らかいゴムチューブのような
血管より、伸び縮みしない硬いチューブで届けた方が
効率が良いじゃないですか。

カネコ
心臓から毛細血管までの直線道路ですね。

タカハシ
うまいこと言いますね(笑)。
心臓に負担を掛けないで、つまり血圧を上げないで、
毛細血管まで着実に血液を届けるためには、
硬いチューブ、つまり中膜が肥厚することは、
一つの適応と考えられますね。

カネコ
内腔が狭くなってしまうのは困るじゃないですか。

タカハシ
それはそうなのですが、動脈にある平滑筋という
のは、自律神経の働きなどで、伸び縮みが可能
ですから、本当に血液を供給したい毛細血管床に
対しては、そこに血液を供給している(細)動脈を
緩めて、格別に血液を送ることも出来るんですよ。
これは、内膜肥厚、つまり粥状硬化と全く異なる
ところで、粥状硬化の場合は、そんな器用なことは
できません。

カネコ
先生のおっしゃりたいことは、
中膜肥厚は心臓の負担を減らす一種の「適応」だと?

タカハシ
そんな大胆なことを言っている人は知りませんが、
もしかすればそうかも知れませんね。
「最低血圧が上がる」というところで、
別の角度からもう一度説明しますが・・・・。

身体が成長する、あるいは太るということは、
身体の血液を必要とする部分が増えることですから、
血圧を上げないで、つまり心臓の負担を増やさないで、
必要な場所に血液を送り届けるには、
「中膜肥厚」も悪いことじゃないような気がしません?

カネコ
確かに・・・・・。
で、何故最低血圧が上がるんですか?

タカハシ

では先ず、最低、最高血圧を説明しましょう。

養分や酸素を身体中に配り終えた血液は、
静脈を通って心臓の右心房に還っています。

右心房から右心室へ移動した血液は肺へ送られ、

そこで酸素を受け取って(二酸化炭素を捨てて)、
左心房へ戻り、左心室から全身に送り出されます。

カネコ

心室が収縮する力で血液が循環するのですね。

タカハシ
そうです。
だから、左心室が収縮したとき、
動脈には最大の圧力がかかり、それを最大血圧、
あるいは収縮期血圧といいます。

カネコ
「上の血圧」ですね。

タカハシ
血液を送り出した後は、酸素を沢山含んだ肺からの
血液、あるいは、全身の細胞を養った後の血液を
心臓に受入れるために、
左心室、右心室は拡張して、
それぞれを左心房と右心房へと受入れます。

カネコ
左心室が拡張した時の血圧が「拡張期血圧」、
つまり、「最低血圧」、あるいは「下の血圧」ですね?

タカハシ

急いでいますね(笑)。
それはそうなんですが、左心室が拡張したときは、
左心室の血圧はマイナスかゼロになるはずですね?

カネコ
でも、「下の血圧ゼロ」というのは聞いたことないですね。

タカハシ
そう、血圧を実際は何処で計っているのかに関係しますが、
血圧は左心室の中ではなく、動脈の何処かで、
実用的には上腕の動脈を使って測っていますよね。

カネコ
動脈はドクッ・ドクッと脈をうっていますね。

タカハシ
上腕の動脈を「カフ」で圧迫して、
そのドクッ・ドクッを止めるに必要な圧力が、
最高血圧ですね、実際は少し多めに圧をかけ、
どこまで圧力が下がれば
ドクッ・ドクッが戻ってくるかで測りますが。

その後、さらに血圧を下げていくと、
戻って来ていたドクッ・ドクッがまた消えます。
その時の血圧が最低、つまり拡張期血圧なんですが。
ドクッ・ドクッは何故なぜ消えるのでしょう?

カネコ
一晩考えて来ます(笑)